三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックについて、どんな特徴があるのかを知りましょう。

銀行系のカードローンの正式名称はとても堅い場合があります。三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行などもそれぞれカードローンを発行していますが、特に三菱UFJ銀行は三菱UFJ銀行カードローンといったとても長い名称がついていることがあります。しかし、三菱UFJ銀行カードローンというとなんとなく堅いイメージがあり、ついた名称が「バンクイック」になります。カードローンを申し込むときには、堅いイメージの名前よりもわかりやすい名称のほうがいいと思いますし、すぐに覚えてもらえます。バンクイックも三菱UFJ銀行カードローンという名前よりも「バンクイック」といった名称のほうが、呼びやすく舌を噛むといったことも全くありません。三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックは、最大手の銀行系のカードローンであるだけでなく、ウェブによる自動審査によってスムーズなカード発行が行われます。また、即日融資も可能となっていますので、今までの消費者金融系のカードローンを使っていた人もその使い勝手のよさに触れると乗り換えたくなると思います。また適用される金利も年4.6%から年14.6%までとなっていますので、とてもお得な金利であるといえるでしょう。三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックは、借入限度額も最大500万円まで可能になっています。銀行系のカードローンのメリットとして、貸金業法の総量規制の影響を受けることがありません。カードローン審査が厳しいとはいえ、年収の3分の1以上の借り入れも可能な場合がありますし、バンクイックを利用している中でもきちんとした利用と返済を行っていれば、利用限度額も少しずつ上がっていき、借入利率も下がっていきます。消費者金融や銀行系のカードローンは、持っていれば利用する機会が必ずあります。しかし、まだ持っていないという人でも即日融資が可能です。土曜や日曜であっても申し込みの受付をしていますので、お金に困ったときにはウェブや電話での申し込みをすれば大丈夫です。また、バンクイックの申し込みは、全国の銀行の店舗でも受付していますし、テレビ窓口も店舗や駅などに設置されています。このように三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックは手軽に利用できるカードローンとして人気や利用者もトップクラスになってきています。