バンクイックの提供会社はメガバンクですが、消費者金融も関わっています。

バンクイックというカードローンを聞いたことがありますか?カードローン会社も数多く参入してきましたが、銀行も新しく参入してきた業界の一つです。バンクイックは赤いイメージで売り込んでいますが、提供会社は三菱東京UFJ銀行になります。三菱東京UFJ銀行といえば、日本でも最大級の銀行としていわゆるメガバンクとして存在感のある提供会社として知られています。いくらバンクイックが新しいからといって、提供会社の三菱東京UFJ銀行を知らないという人はとても少ないでしょう。また、メガバンクがカードローンを行っているということで知らなかった人は少し驚いたかもしれません。新しくカードローンの業界に参入してきたにも関わらず、バンクイックは、利用者が一気に増加しており、注目のカードローンとされています。利用者が一気に増加した背景には、提供会社の三菱東京UFJ銀行だけがその理由になっているわけではありません。実は2010年からはアコムに信用保証業務を委託して行うようになり、さらに人気が出るようになったのです。バンクイックの提供会社は三菱東京UFJ銀行ですが、一部の審査や保証業務をアコムが行うことによって、銀行と消費者金融の二つのメリットを活かして業務を行うようになっています。そのため、消費者金融のみが行っているカードローンよりもより安心で信頼感が増す結果となりました。もちろん、アコムも東京三菱UFJ銀行の子会社関連会社ですので、同じグループでの連携がより強まる結果となっているわけです。信用度からいうと銀行に軍配が上がりますが、消費者目線やサービスの面からいうと個人向けの貸し出しではアコムに軍配が上がります。このようにバンクイックは両社のいいところを取り出してうまく営業を行っています。審査や信用保証業務をアコムに移管したことで、金利も低くサービスもよくなりバンクイックの利用者が急激に増えてきたという背景があります。また、利用店舗も国内で最大級のATM数や利用店舗をはじめ、テレビ窓口により銀行の中で安全にカードローンの申し込みができるようになっています。いつも使ってる銀行が取り扱っているカードローンなら一枚は作っておいて損はないでしょう。そんなバンクイックは、もしものときにはあなたの強い味方になってくれます。