バンクイックを利用する際に注意したいデメリットについて解説しています。

どんなカードローンにしようかと考えている人に一番利用しやすいものとしてバンクイックをおすすめしていますが、そんな便利なバンクイックでもデメリットがあります。何でも万能でいいところばかりを紹介するようなカードローンもありますが、カードローンの中にはデメリットを隠して宣伝しているところもあります。東京三菱UFJ銀行が取り扱っているカードローンのバンクイックでは、キャンペーンなどが少ないということです。他のカードローンではキャッシュバックやポイント還元などのキャンペーンやサービスなどがあり、カードローンに加入しやすいといった点があります。銀行系のカードローンでは、そうした過度なサービスを行っているところが少なく、CMや宣伝などは行っていますが、とても地味な展開を行っているところがほとんどです。バンクイックはそのようなキャンペーンをしなくても、金利を低く抑えることで内容を重視した宣伝活動を行っています。また、バンクイックのデメリットとしては会員のサービスが少なくあまり使い勝手がよくないということです。逆にいうとシンプルでわかりやすいということでもありますが、消費者金融や信販会社などが行っているサービスに比べると少し見劣りすることもありますが、そうしたデメリットは金利の安さや店舗数の多さなどを考えると仕方ないのかもしれません。サービスの一つとしてバンクイックのウェブサイトを見ても、その会員ページでできることは限られています。利用可能額や利用残高や返済日などの確認にしか使うことができず、あまり使い勝手のよいものではありません。さらに増枠の申請もウェブサイトからはできないようになっていますので、こうしたウェブサイトの使い勝手をみると、消費者金融に比べたらかなりのデメリットとして考えられるでしょう。しかし、こうしたデメリットも、インターネットが苦手な人やあまり使わないという人にとってはありがたく、フリーダイヤルでサポートをしていますので、どんな相談でも可能ということになっています。このように、バンクイックは金利も低く、信頼感のカードローンですが、消費者金融とは違ったサービス展開を行っています。これはデメリットとして考えるのではなく、サービスの差別化を図ったものと考えるといいかもしれません。