バンクイックの金利のついて解説し、他社よりも利息の支払いを安くできます。

三菱東京UFJのカードローンで有名なバンクイックは、金利の低さでも他のカードローンよりもメリットがあります。バンクイックの借入利率は、年4.6%から年14.6%となっており、カードローン会社の中でも一番低い水準になっていますので、おすすめのカードローンといえます。また、バンクイックの借入限度額も50万円刻みで金利が低くなっていき、10万円から500万円までの借入限度額が設定されています。バンクイックの金利は、50万円ごとに1%から2%ずつ下がるようになっています。例えば、200万円までの借入限度額なら、金利は年9.6%になります。300万円以上は100万円ごとに下がるようになりますが、500万円で年4.6%の水準の金利は、とても安いものになっています。さて気になるのが、実際の利息の支払い金額になります。バンクイックの利息の計算は、期日の借入残高に応じて変化するようになっています。そのため、金利だけでなく、借入残高によって最低返済金額が決定されています。毎月の利息を減らそうと思ったら、借入残高を減らすだけでなく、適用される金利を低くするべきです。バンクイックでは段階を踏んで金利を少なくするようにしていますが、できれば金利は10%以下を目指すようにしてください。10%以下ですと、年9.6%なら、借入限度額は150万円超で200万円以下になっています。このクラスの借入限度額なら通常のサラリーマンなら可能な金額です。しかし、パートやアルバイトの人なら少し難しい金利になるかもしれません。金利が高いと支払う利息もそれだけ多くなります。借入限度額が少ない人はあまりお金を借りてはいけないということになります。また、毎月の返済額の中には利息だけではなく、借入の元本も含まれています。ですから、利息プラス元本金額を支払う必要があるというわけです。ここで注意することは、利息の支払いだけをしていても借り入れの元本を減らさないとなかなかカードローン残高が減らないということです。借入期間が延びると支払う利息も多くなりますから、借入元本を減らす努力をすればいいでしょう。しかし、バンクイックは借入枠を増額することで、金利を下げることもできます。総量規制もかかりませんので、金利を下げて支払う利息を少なくすることもできます。